© 2013 gin 130522-7_2K51284

粘液質ブラウン

なんとまあ、ほぼ一年ぶりの更新ではないですかっ。
しかも時空を超えてミニ白神ネタでつながってるではないですかっ。

ま、そんなこんなで…。
今日は思わぬところで、思わぬ出会いがありました。カエルです。
なんといってもカエルということで、そこは好き好きおありでしょうから、ご関心の有る方だけ、 more を押してくださいませ。

て、ことで。

入山受付も終了し、閉山まで30分を切った時間帯、すなわち午後4時過ぎ。コース逆走で戻ってきたらば、管理棟「くろもり館」の手前にて、足元からなにやら圧倒的存在感オーラが。

130522-1_2K51233

じっとしてて動かないわけですよ。

そんなとこにいたら、踏まれるよ?食われるよ? でも、まあ、折角なので、ちょっとモデルさんになってもらおうか、と。

130522-2_2K51248

少しづつ匍匐(ぶどうじゃないよ、ほふくだよ)前進。砂利道なので、痛いのよ。

なぁ~にしてんだろうなぁ? なぁ~にしたいんだろうなぁ? なぁ~に考えてんだろうなぁ?

好奇心が止まらない。砂利道なので痛いけど、ずりずり、あててて。

130522-3_2K51242

横から撮ってみる。筋肉質。野性だ、さすがだ、こうありたい。オレのぶよぶよでは遠く及ばない、届かない。うらやましい。

どこへ向かおうとしているのか? 彼または彼女の視線の先にあるものは…

130522-4_2K51272

草…?

では、彼または彼女はいったいどこからやってきたのか、その背後にあるものは…。

130522-5_2K51277

 

やっぱり、草。 う~む、わからん、わからんぞ、カエル心が。 なぜ、そこで立ち止まる? 踏まれるぞ、食われるぞ?

もはや反対側に回り込もうがどこへポジション取りしようが、微動だにしない。

130522-6_2K51276

 

もしかして…

仮説:ちょ、おま、寝てる?

そういや、カエルってなんか動くもんはよく見えるとかって、昔のどっかの偉い人が言ってなかったっけ? と思いたち、レンズをこれ見よがしに鼻っ柱で振ってみる。

130522-7_2K51284

おっ!?

ちょっと首をもたげた。反応あり。潜水艦乗り風に言うなら、感あり!

でも、まあ、オレもそろそろ帰りたいので、お主も帰れよ、カエルだけに。

なんか、そこに居ると、踏まれたり食われたりする気がしたので、棒で軽くつついてみたら、もと来た方向、背後の方にくるりと踵(きびす?あるのか?)を返して帰っていったカエルだけに。

もしかして、これまでワールドを飛び出して自分探しの旅の途中だった?

だとしたら、邪魔してすまん、そんな感じの矢倉山午後4時25分。

 

追伸:

ところで、このカエルの種類はなんですか?

 

 

 

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>